少ない出費でミニ四駆コースの製作

雑ネタ
スポンサーリンク

友達が遊んでいたミニ四駆に興味を持ち始めた兄弟。
しかし組み立てはほとんど親任せ(泣)
組み立ててはみたものの自宅では試しに走らせることもできない・・・。
我慢ができない子供たちは廊下で走らせ、その先で待機してキャッチ。
壁にはぶつかるし、直線だけ走らせても何も面白くない・・・。

 

近所のお店に「一日遊び放題で100円のミニ四駆コース」があったのですが、利用者が少ないためか閉鎖。

 

タミヤのミニ四駆コース、そんなに安くないし、本格的なレースに出るわけでもない。
ただただ走らせたい・・・。
買ってもすぐ飽きてしまうかも・・・買うのはもったいないなぁ。

子供が喜ぶ顔を見たくてミニ四駆コースを作ってみました。

ミニ四駆コース制作に必要なもの

  • プラ段ボール 90cm×179cm 3枚(ホームセンターで購入。1枚200円位)
  • 養生テープ
  • グルーガン(100円ショップで200円で購入)
  • グルースティック
  • カッターナイフ・はさみ
  • ビニール紐(円を描く時に使用)
  • 鉛筆
  • 定規

プラスチック段ボールの画像
写真はホームセンターで購入したプラ段ボール

かかった費用 約1000円

製作時のポイント

細かく寸法が記載された設計図をネットで見つけたので、設計図を参考にパーツを作りました。

型取り
ほぼ一人でも作業可能です。

カーブの部分は半径の長さを測った紐を鉛筆にくくり付け、中心を固定してコンパスのように外周を描きます。
この作業は二人いるとよいと思います。

壁部分を型取りする時、段ボールの向きに注意しましょう!
段ボールは中がギザギザになっていますが、ギザギザが横向きになるように型取りして下さい。
縦向きだとカーブ部分がガタガタになり、横向きだと滑らかなカーブに出来上がります。

カット
先に切り抜いてしまうと、どこの部分かわからなくなってしまうので、パーツ毎にカットしていくとよいと思います。

組み立て
グルーガンを使って組み立てる時、一人では難しいので二人いると作業しやすいです。

完成!!
工作や細かい作業は苦手ですが、始めてしまうとハマってサクサク作業が進み、とても楽しかったです。
出来上がった時はものすごい達成感があります!

かかった時間 (2日間にわたり、大人ふたりで約10時間)

コースの完成

手作りミニ四駆コースの画像
おそらくコースは本物のコースと同じ大きさにできているはず。
普通に走らせるだけなら十分です。

コースは使用後ばらすこともできますが、遊ぶたびに組み立てるのは面倒。

とても軽いので壁に立てかけて保管しています。

あらっ!場所を取らない!

壁に立てかけたミニ四駆コース

使いたいときは倒して置くだけ。
子供だけでもセッティングできます!
とってもベンリー。

近くにミニ四駆を走らせるコースがない、コースを買うには少し高い、でも走らせたい人には手作りも楽しいですよ。

小さなコースもあるので、ぜひお試しください。

コメント